シルクスクリーンは孔版印刷の一種で、メッシュ状の版に孔(あな)を作り、孔の部分にだけインクを落として印刷するとてもシンプルな印刷方法です。

シルクスクリーンで印刷されたもので一番身近なものだと、Tシャツ・トートバッグ・生地などの布製品です。意外なものだと、リモコン・販売機の側面・電子基板など、ありとあらゆるものに使われています。

原理が単純だからこそ、インクや素材を変えるだけでいろんなものに印刷ができるのがシルクスクリーンのおもしろい所です。

シルクスクリーンのしくみ

どういう仕組みで印刷されるのか、簡単にご紹介します。

1.版の上にインクをのせる

JAMの版は、細かいメッシュの下にコーティングがしてある2層構造になっています。そのコーティング部分を溶かすことでメッシュだけになり、インクが通る仕組みです。版に直接インクをのせて、スキージーというヘラのようなもので刷ります。

2.スキージーを引く

均等な力とスピードでスキージーを手前に引きます。スキージーを動かすと、版が刷る物に触れます。この時の角度や力加減でインクの落ちる量が微妙に変わり仕上がりが変わってきます。
スキージーにはいろんな物があり、木がついているものやゴム部分が硬いものなど、印刷する物や使うインクによって使い分けます。
SURIMACCAスキージーは、ひとつでいろんなサイズに対応するように作られています。

3.版を上げる

孔が開いている部分にだけインクが落ちて印刷ができます。とても単純ですね。

約100秒で版ができる、デジタル製版。

版をつくることを“製版(せいはん)”といいます。
JAMが採用している製版方法は、データをダイレクトに製版できる“デジタル製版”という画期的な方法です。従来の製版方法だと数時間かかる製版作業を、約100秒という短時間で仕上げることができます。時間のかかる製版作業をショートカットできることで、シルクスクリーンの一番楽しい印刷作業をたっぷり楽しむことができるんです。

シルクスクリーンキット「SURIMACCA」

SURIMACCA(スリマッカ)は、誰でも簡単にどこでもシルクスクリーンができるキットです。ブロックのようにパーツをつなぎ合わせていろんなサイズのフレームを自由に組み見立てることができます。
版はネットで注文し、原稿(データ・アナログ原稿どちらも可)を入稿すると、数日後に手元に届くので、SURIMACCAに張れば準備完了です。
使う時だけ組み立てて、使わない時は分解して片付けられるので、いろんな場所でシルクスクリーンを楽しめます。

SURIMACCAキット
商品を見る

ターナー色彩×JAMの共同開発インク

はじめての方でも使いやすいシルクスクリーンインクをコンセプトに、ターナー色彩株式会社さんとインクを共同開発しました。少しずつ色を作って、現在全28色になりました。SURIMACCAインクの特徴を簡単にご紹介します。

目詰まりしにくい

水性インクは乾燥が早く、少しでも放っておくとすぐに版が目詰まりしてしまい、きれいに刷れないことが多々あります。SURIMACCAインクは、乾燥時間を極限まで遅らせて目詰まりしにくいように調整しているので、シルクスクリーンがはじめての方でも余裕を持って作業をすることができます。

熱処理がなくても定着します

従来の水性インクは、最後にアイロンでの熱処理が必要でしたが、SURIMACCAインクは乾燥さえすれば熱処理をしなくても定着します。
ただ、目詰まりしにくいように乾燥時間を遅らせているので、完全に乾くまで時間がかかります。早く乾燥・定着させたい場合はドライヤーやアイロンを当てるのがおすすめです。

ポリエステルにも対応

綿や麻などの天然繊維以外にポリエステルにも対応しています。もちろん布以外に紙にも印刷できます。※撥水加工などされていないものに限ります。

SURIMACCAインク
商品を見る